大型捕獲器の補助説明

扉をもって強く引っ張って箱から出したり、ドアストッパーを解除しないで扉を無理に開けたり、
強い衝撃を与えたりすると、破損することがあります。丁寧に手順どおりに使用してください。


箱から出した状態。扉が閉まっています。ドアストッパー金具は2個(機種によって1個)
ドアストッパー金具は機種によって形状が違うものもあります。(下の右の小写真参照)


ドアストッパーの正常な状態
もし、ドアストッパーが本体から外れて、下方向に垂れ下がっていたら、
ペンチでドアストッパーを軽く曲げながら、天井部分に押し込んでください。
押し込んだら少しひっぱって、上記のようにしてください。



このドアストッパーを上にあげながら(安全ロック解除)、扉をもち上げると全開できます。


ドアロックフレーム(金属板でなくワイヤーです)をドアストッパーのむこうに押して扉をたたみます。


そして、扉全体を持ち上げて、全開にします。


全開になった状態。扉はまっすぐ開けてください。ななめに開けると、トリガーフックを
違う場所にひっかけてしまい、作動が不安定になってしまいます。


トリガーワイヤーをひっぱりながら、トリガーフックをひっかけて、完了です。
扉がまっすぐ開いているか、必ず確認してください。
すべってすぐに外れてしまうときは、横網にテープ(すべり止め)を巻いてください。
踏み板を踏んでも、フックが外れない場合は、フックの先だけをちょんとひっかけるようにしてください。
解決しない場合は、扉がななめになって、違う横網の位置にフックがひかけている場合があります。



フックをひっかけるときは、踏み板があがっているかも確認してください。
手をはさんでケガをしないように注意してください。


設定完了

水平な場所で、実際に踏み板を割り箸などで押してみてください。ドアが落ちれば成功です。
また、落ちたドアが内側から押しあけて出られないか、確認ください。これらのテストをしてから
ご使用ください。

ペットのシッポを挟むことが心配なら、入口の下に小さな段ボール片を挟んでもいいです。
ただし大きな段ボール片を挟むと、きちんとドアが閉まらなくて、猫がこじ開けてしまうことがあります。

前のページに戻る