愛知県小牧市横内の貸し農園(家庭菜園)のご案内

ルール

必要に応じて追加や修正していきますので必ず定期的に目をとおしてください



安全に利用してください 菜園内で走ると転倒したり危険です。土手から滑って落ちることや、用水や川への転落に気を付けてください。とくに小さいお子さんが一緒の場合は目を離さないようにしてください。
 区画について 区画を区分する糸が張ってあります。足をひっかけないように注意してください。糸から10cmを離れた場所にフェンスを置くことをおすすめします。糸から10cmは使用しないでください。
周りの路肩は人が歩けるスペースを少しあけてください。管理人が路肩の草刈り(草刈り機)のため通行します。
畝について 畝は自由におこしてください。畝をつくるほうが大雨の影響を受けにくいのでおすすめです。雨水が路肩から落ちるよう、畦を延長して掘ってください。通路側に南北の細い溝を掘っていただくと雨水が流れやすくなるのでおすすめです。詳しくはご指導させていただきます。
支柱について 細い支柱よりも太くて長い支柱を使用ください。細くて短いと台風のときに抜けて被害を受けやすくなります。
 持ち込み品 農作業の器具、種、苗、肥料、培養土等は各自で管理してください。菜園内に箱等を置いて管理してもいいですが、各自で持ち帰ることをおすすめします。
 給排水について 菜園の東側に川がありますので汲むことができます。また区画内に雨水を貯める桶をおいてもかまいません。田植えのシーズンには用水に水が流れるので、汲んでいただいてもだいじょうぶです。ただし薬剤や肥料を流さないでください。
除草剤・農薬について 除草剤はまわりの田畑に影響を与えることがあるので使用しないでいください。農薬散布も農林水産省が許可したものでなければ使用しないでください。環境保全のため手作業で草を取り除いてください。また、黒マルチや防草シートの利用もおすすめです。

防虫・殺菌効果のある自然由来のスプレーは栽培の葉に使用してもかまいません。しかし液を用水に流さないでください。
石について 区画の中から石が出てきたら区画の端に置いてください。マルチを使用するときに重石になります。また小袋に小石を詰めて強風時の抑えに使用できます。石をたくさん使用したいときは土手下にある石を使用してもかまいません。不要な場合は土手下に落としてください。
ゴミについて 草、枝、根、枯れた野菜などは、残さい置き場(木くずのところ)に処分していただいてかまいません(種と苗は不可)。土の中から出てきたゴミは土手下に置いてください。管理人が定期的に清掃します。各自で出た紙、プラスティック、ビニール、金属などのゴミは持ち帰ってください。余った種や苗は他の菜園者へおすそわけしましょう。化学肥料を用水に流してはいけません。
栽培計画書 農業委員会へ提出する栽培計画書や栽培報告書は管理人ががまとめて作成提出しますので各自で作成する必要はありません。栽培場所に作物の名札を設置していただければそれを見て作成します。名札がない場合は、ラインでアンケート質問するので協力ください。
まわりへの配慮 菜園にはたくさんの利用者がいます。他人の菜園に許可なく立ち入ったり、触ったりしないようにしましょう。まわりに迷惑にならないよう配慮すると同時に協力しあって楽しい余暇をお過ごしください。またたくさん収穫出来たらおすそわけをしましょう。
マナー 夜間21:00以降の利用はなるべく避けてください。近隣の家へ騒音の迷惑をかけないためです。

HOME