投稿204:肺癌

最初気がついた症状は:
202の続きです。

症状についてコメントがあれば
呼吸困難が日増しに強くなり寝そべってばかりいました。
食欲は全くなくなりました。

どんな検査をしましたか:
レントゲン

診断結果は:
やはり肺癌との事。

治療方法は:
202の時と変わらず。

その後の経緯は:
日増しに呼吸困難が強くなり、肩呼吸になりました。
酸素ボンベを獣医さんから借りて、特にひどくなる夜は酸素テント(簡易でつくりました)の中にいるようにさせました。
野菜ジュースを経口で15ml取るのがやっとになり、毎日皮下注射とインターフェロンの筋肉注射をしました。
けれども回復せず、楽に逝かせるのもひとつの方法ではないか、と家族と話し合い、獣医さんにもその旨を伝え、点滴のみとしました。
5月11日14時半頃、母が声をかけたところ「ふぇ」と反応しそれが最期になりました。
約6歳半でした。

他の飼い主さんにアドバイスがあれば:
現在のプレーリーの多くが高齢と聞いています。
星になった、うちのちーちゃんはアメリカからの輸入最後の仔でした。
最後まで元気そうにしていた、あの姿が忘れられません。
動物は最期の時ほど元気にしてみせる・・・・まさに
そのとおりでした。
少しの変化も見逃さないで、大切に育ててほしいと思います。

私自身は、少しペットロス気味になりましたが、獣医さんの励ましもあり復活しました。
ちーちゃんはプレーリーを飼って2匹目の仔でした。
今までの楽しい時間をありがとう!


投稿:匿名希望様


BACK