投稿207:腸の異物

最初気がついた症状は:
便の回数が減り、だんだん出なくなりました。

症状についてコメントがあれば
食事が減って、お腹が張っている(大きく)なっている感じでした。

どんな検査をしましたか:
近くの獣医(以前から歯が横に伸びたりしていたので、切りに行っていた獣医)さんに行きましたが、
初診では特に異常が無く取りあえず帰宅しましたが、翌日も何んとなく寝ている事が多くなり再度受診しました。
その時にはレントゲンで腸が詰まっている状態が確認され、グリセリンと下剤を貰い、
1日3回やりましたが、改善されませんでした。

診断結果は:
今夜、意を決し麻酔をして腸の異物の摘出を試みましたが、残念ながら亡くなりました。
8年間家族と一緒に暮らし、私たち家族を癒し、楽しませてくれた愛称「プー」心から感謝しています。
冥福を祈ってます。

治療方法は:


その後の経緯は:


他の飼い主さんにアドバイスがあれば:
8年前に、初めてプレリードックを飼い始め、色々なことを経験しました。今後、プレリードックの事は、獣医さんも解らないことが多いと思いますので、どこかのサイトで情報を集めて頂き、適切な対応をお願いします。


投稿:匿名希望 様


BACK