有限会社SBSコーポレーション TEL:0568-75-9238 携帯:080-4536-9400 E-mail:niwa@sbspet.com
| 表紙 | 飼育情報 | 健康情報 | 飼育相談室 | 医療体験談 | 生体販売 | グッズ通販 | 今月の特別商品 | フード試供品 |
| 動物病院情報 | 写真館 | リンク集 | プレーリー通信 | 資料室 | ホワイト種 | 掲示板 | 会社案内 |
プレーリードッグ飼育情報
プレーリードッグとは
プレーリードッグを飼う前に
飼うために必要なもの
食事について
飼育設備について
環境について
ケアのしかた
運動や遊びについて
しぐさについて
しつけのしかた
飼育上の注意点
オジロプレーリードッグや
リチャードソンジリスについて

飼育上の注意点

 11-4月あたりの時期に、オスは落ち着きがなくなり、ジャコウ系の体臭を出すことがあります。また、この期間は凶暴性がでてくることもあります(メスも出る場合があります)。飼い主にさえ、縄張りに進入する外敵とみなして噛んだりします。この時期は革手袋をして接する必要があります。この時期が過ぎれば、またもとどおりになるので心配はいりません。ただし事故を防ぐために、丈夫なケージで飼育し、外来者や人間の子供が近づかないように配慮すべきです。非常にデリケートな時期ですのでなるべくそっとしておいてあげてください。

  
 (発情が始まる兆候があるか普段の観察が大切です)

 これらの生理的行動は去勢手術をすることでも抑えられます。これらの行動が理由でプレーリードッグを捨てるようなことをするくらいなら、去勢手術を検討ください。去勢手術と女性ホルモン注射の併用でこの発情期の心配はなくなります。これが心配ならはじめから飼わないか手術済みのプレーリードッグを飼うべきです。

 オスの発情の兆候は、精巣が大きくなり、陰嚢が発達します。メスは、陰部の充血がみられます。発情の時期や期間は個体差があります。1週間で終わる場合もあれば数ヶ月にわたる場合もあります。発情期間中はずっと気が荒くなるということでもなく、おとなしかったり、急に怒り出したりしますので注意しないと噛まれます。日照時間やホルモン分泌に大きく影響されます。オスは人がケージに近づくだけで威嚇することもあります。メスは発情するといきなりキッキッと甲高い声を発することがあります。

 
 (発情は睾丸や陰部で見分けがつくことが多いです)

 発情中の世話は多少苦労します。ケージを掃除するときは、底網一体型(レクタングル3200等)のケージを使用するか、寝袋にはいっているときに移動させ、その間に掃除をさせると楽です。誰もいないとおとなしくても、人が近づくと、外敵や侵入者が来たと誤解して、歯をカチカチ慣らしたり、尻尾を立てたりして威嚇します。

参考ページ:発情期におけるホルモン分泌

  
 (新入りベビーとお見合い初日から仲良し。仲良くお昼寝も)

 プレーリー同士はとっても仲良しです。ただ、大人のオス同士のケンカは激しいので注意が必要です。飼育期間の長い古株プレーリーに新入りプレーリーを迎え入れると、侵入者とみなして攻撃してしまう可能性もあります。複数飼育したい、繁殖させたいとお考えなら、1匹目を飼育しているなるべく早い時期に一緒にさせるか、2匹目は若いベビーを迎えるのが仲良くなる秘訣です。そうでなければ、最初は別々のケージで隣り合わせに並べ、お互いの臭い存在になれさせてゆっくり知り合いにしてあげましょう。別居中に巣箱や寝床用のタオルを交換するのも臭いに慣れさせるいい方法です。ペアで飼育を考えているなら、同時に飼育を始めるか、オスを先に飼育して後からメスを迎えるのがいいでしょう。どんな組み合わせでも最終的には相性次第です。慎重にお見合いをさせてあげてください。最悪、相性が悪かった場合には別々に飼育するくらいの覚悟が必要です。

   
 (時間をかけて相性もあうようになりました)

 プレーリードッグの繁殖はなかなか成功しにくいと言われています。プレーリードッグ一夫多妻制の繁殖も行える動物です。うまくベビーが誕生した場合には、巣箱をのぞいて驚かしたり、ベビーにむやみに触ったりしないで、そっとしておいてあげてください。母親が安心して子育てできる環境を作ってあげることが大切です。父親がベビーに対して攻撃的になる場合は、父親を別のケージへ移動させます。ベビーは生後1ヶ月程度で離乳します。離乳後から生後6ヶ月までのベビーは特別な食事メニュー(プレーリーポップ等の動物性蛋白質)が必要です。妊娠中や授乳中の母親にも蛋白質とカルシウムが欠乏しやすいのでプレーリーポップで栄養を補助してあげてください。

 
 (相性がよければ繁殖に成功する例もあります)

 プレーリードッグは子殺しがよくおきます。出産後に食べられてしまったり、放棄されてしまったりします。これは狭い空間での飼育や周囲への不安が原因とよくいわれます。

   
 (妊娠中と生まれたての赤ちゃんと離乳後のベビー)

 プレーリードッグベビー生後25日の動画(パソコンmpegファイル)(鳴き声もあり)
 プレーリードッグベビー生後25日の動画(スマホmp4ファイル)(鳴き声もあり)

 プレーリードッグの出産例(もっと知りたい方はこちらも参照ください)


BACK